沖縄のエラボトックスナビ |沖縄にある美容外科&美容皮膚科を徹底比較!

エラボトックスとは

「エラ張りが気になる」
「ダイエットしても顔だけが大きい」
「大まかな整形は苦手」

 

エラが張っている輪郭の方は骨格が原因という場合もありますが、エラの部分にある「咬筋(こうきん)」という筋肉の発達でエラが張って見えることがほとんどです。
この場合は咬筋にボトックス注射することで筋肉が委縮し、すっきりとしたフェイスラインに整えることができます。

 

エラボトックスの特徴と効果


(出典:城本クリニック

 

ボトックスは筋肉の働きを抑制する薬剤なので、エラボトックスをすることで咬筋が使えなくなります。
使われなくなった筋肉は徐々に小さくなっていくため、咬筋の発達がなくなってエラ張りが解消されるというものです。
これによって、普段から歯ぎしりや歯を食いしばる癖がある方により効果的と言われています。

 

しかし、筋肉は使われなくなってからゆっくりと委縮していくのですぐに効果が現れないため、効果を実感することが難しいようです。
また、薬剤の効き目は3ヶ月〜6ヶ月程でなくなってしまうことから繰り返しの注入が必要になります。

 

メリット デメリット

・施術時間が短い
・ダウンタイムが極わずか
・手軽にできる
・痛みが少ない
・繰り返しの注入で効果が持続する

・即効性がない
・効果がわかりづらい
・稀に内出血する
・筋肉しか効果がない
・繰り返しの注入が必要

 

 

 

沖縄の美容整形クリニック5院

品川スキンクリニック

全国に22院展開しているクリニックです。
2種類のボトックスを採用しています。

 

エラボトックスの料金
施術名 料金
ボツリヌス・トキシン注入

初回:1,987円(1,840+税)
2回目以降:9,504円(8,800+税)

ボトックス(アラガン社)注入 19,764円(18,300+税)

 

品川スキンクリニック 沖縄院の情報

【所在地】
沖縄県那覇市おもろまち1-1-12
那覇新都心センタービル1階

 

【アクセス】
沖縄都市モノレール「おもろまち駅」から徒歩約5分

 

【診療時間】
10:00〜19:00 /年中無休

 

 

 

 

湘南美容クリニック

全国75院展開しているクリニックです。
リジェノックスとアラガンのエラボトックス注射が受けられます。
沖縄県外からお越しの場合は、遠方交通費支給制度があります。

 

エラボトックスの料金
施術名 料金
ボツリヌストキシン(リジェノックス) 9,720円(税込)
ボトックス(アラガン) 20,000円(税込)

 

湘南美容クリニック 那覇院の情報

【所在地】
沖縄県那覇市久茂地1-3-1
久茂地セントラルビル2階

 

【アクセス】
ゆいレール「県庁前駅」から徒歩約2分

 

【診療時間】
10:00〜19:00 / 年中無休

 

 

 

 

大道美容外科内科

平成28年に建物と名称が新しくなったクリニックです。
アラガン社のボトックスを採用しています。

 

エラボトックスの料金
施術名 料金
ボツリヌストキシン(アラガン社) 50,000円(税込)

 

大道美容外科内科の情報

【所在地】
沖縄県那覇市安里1-1-18

 

【アクセス】
ゆいレール「牧志駅」から徒歩約3分

 

【診療時間】
9:00〜19:00

 

 

 

 

当山美容形成外科

開院から65周年を迎えたクリニックです。
エラボトックスのみも可能ですが、エラ削りの手術後にエラボトックスする場合は1回60,000円(税抜き)。

 

エラボトックスの料金
施術名 料金
小顔形成 108,000円(100,000+税)

 

当山美容形成外科の情報

【所在地】
沖縄県那覇市久茂地3丁目7-1

 

【アクセス】
ゆいレール「県庁前駅」から徒歩約5分

 

【営業時間】
9:00〜18:00 / 日・祝休診

 

 

 

 

クローバー美容クリニック

大阪と沖縄の2院展開しているクリニックです。
エラボトックスは1回受けてから8か月以内の再注入の場合20%OFFで受けられます。

 

エラボトックスの料金
施術名 料金
小顔ボトックス治療 110,000円(税込)

 

クローバー美容クリニック 那覇院の情報

【所在地】
沖縄県那覇市おもろまち4丁目17-21
ケイエムビル3階

 

【アクセス】
沖縄都市モノレール「おもろまち駅」から徒歩約2分

 

【診療時間】
10:00〜19:00 / お盆・年末年始は休日

 

 

 

エラボトックスの種類

ボトックスとはアラガン社製品の「ボトックスビスタ」という商品名のことで、正確にはボツリヌストキシン製剤といいます。

 

アラガン社は日本で扱われているボトックスの中で最も安全性が高いとされています。
そのため、採用している美容クリニックがほとんどです。

 

しかし、エラボトックスといってもアラガン社のものだけではありません。
代表的なボツリヌストキシン製剤の種類を紹介します。

 

 

ボトックスビスタ

(出典:もとび美容外科クリニック

 

ボトックスビスタ(アラガン社)は、日本の厚生労働省から認可を受けている薬剤です。
注入後に薬剤が広がりにくいため、ピンポイントで狙った部位に効果を発揮してくれます。

 

また、たんぱく質の含有量が少ないので抗体ができにくく、繰り返し注入しても安心です。
圧倒的に治療実績が多く、品質管理も徹底しているので安全性や信頼性があるとされています。

 

 

 

ニューロックス

(出典:恵生会クリニック

 

ニューロノックスは、メディトックス社製(韓国)のボツリヌストキシン製剤です。
主に、美容先進国の韓国で多く使われています。

 

ジェネリック薬品であるため、ボトックス(アラガン社)と比べてリーズナブルで治療を行うことが可能です。
安全性に関しては韓国の食品医薬品安全庁の認可を受けています。
また、ボトックス(アラガン社)と同等の効果があるとされているため、安全に注入できるようです。

 

 

 

リジェノックス

(出典:藤沢美容外科クリニック

 

リジェノックスは、ハンスバイオド社(韓国)のボツリヌストキシン製剤です。
しっかり臨床治験を行ったジェネリック医薬品で、ボトックス(アラガン社)と同等の効果を発揮することができると実証されています。

 

また、韓国食品医薬品安全庁(KFDA)の認可を受けています。
世界30か国で使用され、日本でも多くの治療実績があります。

 

 

 

ゼオミン

(出典:おおしま皮膚科

 

ゼオミンは、メルツ社(ドイツ)のボツリヌストキシン製剤です。
アメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる)に認可を受けていて安全性が高いとされています。

 

また、複合たんぱく質を含有量が少ないため、抗体ができにくく、繰り返し使用しても長く持続することができます。
常温保存でも効果が低下しないので、他のボツリヌストキシン製剤より取り扱いやすいとされています。

 

 

エラボトックを受ける前に知っておきたいこと

エラボトックスは手軽にできるとはいえ、気をつけておきたいこともあるようです。
施術する前に知っておきたいことを紹介します。

 

痛み

注射針を指す時のチクっとした痛みと薬剤が浸透していく時は多少痛みます。
また、ボトックスを注入する前に冷却するクリニックもあります。
冷やすことで痛みを軽減することができるほか、血管を収縮させ、内出血も少なくなるようです。

 

クリニックやボトックスの種類にもよりますが、最小限の痛みで済むように工夫されています。
しかし、痛みに弱い方はある程度の痛みを覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

 

ダウンタイム

メスを使った大まかな施術とは違って、施術時間も10〜15分程度で終わります。
大きな腫れがでたり、ほとんど内出血することもないようです。

 

しかし、稀に血管を傷つけることで内出血を起こすことがあります。
内出血した場合は、1週間〜10日程度で引いていくでしょう。
また、目立つほどの大きな腫れはないようですが腫れることもあるようです。
この場合も2〜3日程度で治まっていくでしょう。

 

いずれも医師の腕が大きく関係してきます。
このため、医師(クリニック)選びが重要になってくるということです。

 

 

料金

ボトックスの種類によって料金が違いますが、種類が同じでもクリニックによって料金が違うことが多いです。
施術名がエラボトックスでもクリニックによって料金が大きく変わってきます。

 

また、ボトックスを薄めて使用しているクリニックもあるようなので格安なところは要注意です。

 

 

注入に頻度に関して

効果には個人差がありますので1回で実感する方も中にはいるようです。
しかし、3ヶ月〜6ヶ月程度で薬剤の効果がなくなってしまうため、ほとんどの方が繰り返し注入を希望されます。

 

注入の間隔は薬剤の効果がなくなる頃が目安とされています。
間隔を空けずに繰り返し注入してしまうと、抗体ができて効果がなくなってしまうことがあります。
そのため、半年〜1年に1回、5〜6回の繰り返し注入することが理想的でしょう。

 

また、咬筋を使わなくなると自然に使わない癖がつき、永久的に持続することも考えられます。

 

 

注入後の過ごし方と注意点

エラボトックス注入後の過ごし方で効果やダウンタイムに大きく関わってくるため注意して下さい。
施術後は、体温が上昇するようなことはやめておきましょう。

 

体温があがると血行が良くなって腫れが出る可能性が高くなってしまいます。
また、ボトックスは熱に弱いため、分解されてしまうことも考えられます。

 

そして、マッサージもやめておきましょう。
エラボトックスは、咬筋にピンポイントで働きかける必要があります。
そのため、マッサージをすると注入したボトックスが他の部分に広がってしまって、効果が半減してしまいます。
注入してから3日〜1週間くらいは、エラ部分に大きな負担をかけないようにしましょう。

 

 

page top